お金ないのにパチンコ屋行きたい

お金ないのにパチンコ屋に行ってしまって借金する羽目に

パチンコ屋に行くのをやめられない女|お金ないのにスロット打ちたい

スロットとの出会いは学生の頃。

当時、ちょっと親と喧嘩をして当時の彼の家に居候していました。

 

彼は大工で、天気が悪いと現場作業ができないので、おやすみ。

そんなときは時間さえあれば近所のパチンコ屋に行っていました。

 

当時の私はスロットなどやったことなかったのですが、彼がおもしろいからとすすめるので1000円勝負したところ、手持ちが10万円に。

目押しもできないので彼にとめてもらって勝った分は彼と半分にしました。

今思えば最悪のビギナーズラックです。

 

その次の休みの日も連れて行ってもらい同じように勝ちました。

そこでも彼と折半。

なぜ折半したのかは覚えていません。

 

気付いたら彼が仕事に行った後、一人では暇なので、ほぼ毎日打ちに行くように。

そんなに毎日大勝ちするわけもなく、気付いたら手持ちの現金がなくなっていました。

これでは家に帰ることもできない。

 

焦った私は、クレジットカードのキャッシングを申し込んでいました。

学生だったので融資額は少なく月上限3万円。

 

そのお金で家へ帰ればよかったのですが、まず1万円引き出し、スロットへ。

すぐ負けてもう1万円を引き出す。

 

ここで彼が仕事から帰る時間になったので諦めて帰宅。

彼にはゴロゴロしていたというように、食事を作ったりしてごまかしていました。

 

当然すぐにキャッシングの上限枠いっぱいに。

私はさらに学生ローンに手を出しました。

上限10万円。

学生には大金なのにそんなの気にもせずスロットにハマっていました。

 

ある休みの日、彼と一緒に打ちに行くと目押しができるようになっている私を見て、彼はすごいね!と言いました。

偶然だよ!と数回はかわせたのですが、確実に押しているのを見て、帰宅後、毎日スロットに行っていることがバレました。

 

当然彼は激怒。

学生の私がそんなにお金を借りても返せるわけないし、このままここにいてもお前は何にもしない!と追い出されました。

彼とはそれきり、自宅へ帰った私は、家を出ていた間のことを猛反省。

なんてことをしたんだろうと。

バイトを増やし返済の日々に。

でも返済が終わったと同時にスロット欲が出てきてしまいます。

社会人になった今でも暇を見つけてはスロットを打ってしまいます…

お金を持ったらパチンコ屋へお金なくても借りてパチンコ屋へ

大学一年生の時、パチンコ、スロットが好きで毎日のようにパチ屋に通っていました。

イベントがある時は、朝から並べるよう、パチ屋近くの漫画喫茶に泊まり、朝から並ぶほどはまり込んでいました。

 

最初は1円パチンコ、5円スロットを打っていたのですが、徐々に物足りなくなり、2円パチンコ、4円パチンコ、20円スロットとレートを上げていきました。

レートを上げることで、勝った時の勝ち額が大きくなり、その時の快感が忘れなくなりました。

ただ負けた時の金額も大きくなり、1日で10万円無くなることも多々ありました。

 

当時、収入であるバイト代は多くてせいぜい10万円だったので、徐々に貯金はなくなり、この生活を始めて半年経った時、とうとう貯金はゼロになりました

それでも当時パチンコ、スロットを打ちたい衝動に駆られていたので、親から毎月1万円借りて、1円パチンコを打っていました。

 

当然毎日パチ屋に行っていたので、大学の勉強は疎かになり、単位も全て落とす状況になり、気づいた時には大学の単位も取れていない状況になっていました。

結局この生活を1年間した時に、この状況はまずいと感じることが出来たので、パチンコ、スロットにのめり込むことを辞めることができました。

親にも借りてたお金を返すことが出来たのですが、もし気付かずに続けていたと考えると、借金は膨らみ大学を卒業出来ていなかったと思います。

 

-お金ないのにパチンコ屋行きたい

Copyright© パチンコ・スロットで生活費を使ってしまったあなたへ , 2020 All Rights Reserved.