パチンコ・スロットで生活費を使い込み生活できない

パチンコ・スロットで生活費を使い込み借金をした結果

スロットで負けて借金地獄…2人で貯めた結婚資金にも手を付けてしまっている…

当時大学生の私は先輩に連れられてパチンコ屋にはじめていきました。

先輩に教えてもらいながらパチスロを打ってみると3万円勝ってしまったのです。

「こんなに簡単にお金が稼げるのか」

それからパチスロにどっぷりとはまっていきました。

もちろん勝ち続けることはできず、バイトで稼いだ生活費や貯金にも手を付けます。

しかもその時は、パチスロで簡単に稼げることを知ってしまって、バイトに行くのもダルいと思いほとんどシフトに入っていませんでした。

もともと多くはなかった貯金も使い果たし、シフトにも入っていなかったから給料もでません。

それでも、パチンコ屋に行きたい衝動は抑えられず、友だちからお金を借りるようになります。

友だちから借金をしまくり大学を卒業する時には友だちで50万円、一応バイトに籍があったので消費者金融からも借りていました。

また、お金がある時も現金はパチスロ用に置いておきたかったのでクレジットカードを積極的に使ってました。

しかも払えないときは分割にしていたので、クレカの返済もしなくてはなりません。

 

友だちから借りた50万円もほとんど返すことができずに、友だちからの信用をなくし、どんどん人が離れていきます。

先ほどもお話ししたとおり、消費者金融から借りてたし、クレカも使っていたので、本当にお金のない状態でした。

そんな状態でも、たまに大勝ちするとパチンコ屋で知り合った友だちと遊びまくったりしてすぐにお金を使ってしまいます。

 

金銭感覚がおかしいですよね。

でもパチスロをやっていると金銭感覚がどんどんおかしくなっていきます。

パチスロで万枚出したときは友だち3人で勝った分を、全てその日に使ったのを覚えています。

約20万円を一晩で使ったんです。貯金もなく、多額の借金をしている人が。

本当にバカみたいな話ですよね。

 

今はそこまで重症ではないですが借金地獄はまだまだ続いています。

友だちへの借金は返済は終わりました。

でも消費者金融への返済は終わりません。

返しては借りて、返しては借りてを繰り返しています。

今は4社130万円程度の借金です。

どうしようもないくずです。

 

そんな僕にも彼女がいます。

今年中に結婚を約束しています。

でも実は彼女と2人で出し合っている結婚資金の貯金に手を付けてしまっています。

それがばれたらどうなることやら…

そんな感じで借金まみれですが今度の全面禁煙はやめる最後のチャンスだと思っています。

パチスロをやめられるといいんですが、果たして…

パチプロになろうとした男の末路

仕事が休みの時などにふとパチンコをするようになりました。

初めの頃は、不思議と1000円程度で数万円位勝っていましたので、嬉しくてたまらなかったです。

この不思議と勝っていた時期の印象は強烈に残ります。

そしてこんな思考になってしまうんです。

「もしかしたら、パチンコで生活ができるのでは?」

こう考えるようになり気が付いたら毎日通うようになっていました。

 

「きっと、今日も勝てる!!」と不思議な自信があったんですね。

でも、ふと気が付いてみると貯金が無くなっていました。

その頃から少し焦りを感じるようになり、しっかりと釘の勉強などをして、期待値のある台を探すようになります。

でも、期待値のある台ってなかなかないんですよ。

「期待値のない台は打たない」

これが徹底できればいいんですが、できませんでした。

依存症ですね。

「今日は、負けたけど、明日はキット取り返せる!」とこの時もまだパチンコで生活できると思っていました。

 

そしてついに資金が底をつきます。

当然のごとくキャッシングをするようになりました。

ひどいときはカ-ドを3枚天井付近でぎりぎり回す自転車操業です。

 

このような生活を2年ほど続けていたところ、やはり、「虚しさ!」を感じるようになり「このままでは、いけない!!」と感じるようになり仕事を探し始めます。

ただ、本気で仕事を探してもすぐにみつかるわけではなく、ただ借金だけがふえていきました。

最終的には金利を払うのもままならない状態になり、両親に頭を下げてお金をかりて支払いました。

 

その後やっと仕事もみつかり、月4万円現在も両親に払っています。

-パチンコ・スロットで生活費を使い込み生活できない

Copyright© パチンコ・スロットで生活費を使ってしまったあなたへ , 2020 All Rights Reserved.