パチンコ・スロットで負けすぎて借金地獄

パチンコ・スロットで負けすぎて借金地獄になった結果

スロットを優先した結果友人は1人になり、借金約300万円になった話

スロットをやり始めた最初はお金や時間は決めた範囲でやっていました。

しかし、気づけば決めた金額を超えてもやめられないように。

 

時間の使い方もスロット優先で、人からの誘いを断ることも多くなりました。

もう今では連絡が取れる友人は1人しかいません。

 

仕事はしていたけど給料はスロットにほぼ全額使っていました。

もちろん消費者金融に借金があります。

始め10万円程でした。

しかしそれだけでは足りず、どんどん借りる額が増えていきます。

1年も経たないうちに最終的に130万くらいになっていました。

 

返済しては打つの繰り返しです。

130万円借りたころ、これ以上は消費者金融からは借金ができないと言われました。

次はクレジットカードです。

クレジットカードを作って生活費に充てていました。

すぐにクレジットカードのショッピング枠30万は使い切ってしまいます。

 

どうしようもなくなって1度債務整理をしています。

そこからマジめに返済を続ければいいものを、スロットはやめられません。

今度は知人に1万円〜5万円を小分けで借金してパチンコ屋に行きます。

知人には合計で60万円ほどの借金しました。

 

それでもスロットはやめられません。

債務整理をしたものが、消費者金融60万円程、クレジットカード15万円程の借金が残っています。

知人からの借金60万円はまだ1円も返せていません。

パチンコに熱くなりすぎて借金

社会人になって2年目くらいの頃だったと思います。

その頃はまだ先着順の並びの時代でした。

その日打ちたかった台はまだ新しい機種で台の確保はできませんでした。

 

とりあえず気持ちを切り替えて、そこそこ人気のある機種を狙いに行ったのですがそれも満台。

やばいなあと思いながらしかたなくバラエティーコーナーにいくと、ちょっと古めですが昔よく好きで打ち込んだ名機がおいてありました。

もう台もあまり空いてなかったので、その台に決めて今日は遊ぼうと座りました。

ミドルタイプの機種だったので2~3万円あればさすがに初当たりが拾えるだろうと打ち込んでいきましたが、普通に3万円は飲まれてしまいました。

 

手持ちが10万円持っていたのでまだ大丈夫と思い、昼飯も食べずに打ち込むこと8~9時間程度でしょうか。

1300回転くらいまで行って初当たりを引けたのですが単発さすがに心が折れて帰りました。

 

ちょうど給料日後であらゆる支払いが終わっていたはずだったのですが車の重量税があったんです。

すっかり忘れていて、その日自宅に帰った後に気づきました。

1人暮らしをしていたのでさすがに来月がやばいと思い、30万ほど借りてとりあえず次の給料までの生活費と重量税にあてました。

その後は約2年かけて返済しました。

利子もそれなりにとられたので馬鹿なことをしたと思っています。

芸能人来店をきっかけにパチンコにハマり自己破産

近所のパチンコ屋に芸能人くるというポスターを見て、会いに行こうと初めてパチンコに行くことにしました。

せっかく来たのだし、パチンコをやることに。

どうせやるなら知っている作品のものがいいと思ってエヴァンゲリオンにしました。

1000円で3万円分ぐらいの球をだし、約3万円儲けました。

簡単に1000円が3万円になって、パチンコって簡単じゃんと思ってしまったんです。

次の週には、ルパン三世をやってみました。

すると1000円で4万円分の球が出てきて、約4万円分儲けました。

自分は引きが強いのでは?と根拠のない確信をもち、どんどんパチンコにハマっていきます。

 

それから休みの日は、毎日行くようになりました。

負けてきてお金がなくなっても、あてれば、すぐに返せると考えるようになります。

まずは、クレジットカードのキャッシングで借りました。

しかし、パチンコで勝てずにすぐに限度額はいっぱいに。

生活費のお金を借りるために、銀行系カードローンに申し込みました。

これも限度額いっぱいまで、負けました。

 

しばらくしてクレジットカードの支払日です。

しかし、お金はありません。

そこで返済のためにアイフルで借りることにしました。

限度額いっぱいまで借り銀行系カードローンも返済。

その後、残りの資金でパチンコ勝負しました。

当然のごとく負けました。

翌月の返済日になりお金がないので、プロミスで借りて返済に充てました。

こうして、多重債務に陥った私は、最終的に自己破産。

-パチンコ・スロットで負けすぎて借金地獄

Copyright© パチンコ・スロットで生活費を使ってしまったあなたへ , 2020 All Rights Reserved.